ごあいさつ


「自然治癒」=人は誰もが、自分の体が自然の力で、自分の悪いところを治す力を持ってます。その手助けをするのが私の整体術です。

 福井県敦賀市で、整体院 Body ・サポートを開院して、11年を超えました。延べ5,000人を超えるお客様に支えていただいたことに感謝いたしております。

 

いくつになっても、体は、あなたの心次第で変わります。わたしも、そうでした。

ストレス イライラ 疲労 頭痛 肩こり 腰痛 坐骨神経痛 慢性症 更年期障害の諸症状 健康の維持増進 ・・

どこへ行っても良くならない方も、あきらめずに、是非ご相談下さい。

 

心よりお待ちいたしております。

整体院  Body•サポート

院長 河瀬 正邦


所属

日本治療協会会員

西濃整体師会会員


整体との出会い


18年前、腰痛が原因で入院しました。退院後、仕事に復帰したのですが、2年後に再発、ふたたび入院することとなりました。

 

20年以上スポーツを続けてきた過信もあり、腰は強いと思い込んでいました。

 

痛めた当初は、骨は折れていないのだから「そのうちに治るだろう」と痛いのを我慢し仕事を続けました、しかし良くなるどころか、だんだんと痛みが強く、範囲も広がり、最後には 左足の膝から上、大腿部がしびれる始末。歩くのはもちろん、顔を洗ったり自分でパンツをはくことも苦しい状態になりました。

我慢できないほどの状態になったため、病院に行き診察を受けることとなりました。MRIで検査したところ「腰椎・椎間板ヘルニア」と診断されました。腰椎の3番と5番から軟骨が飛び出し、神経が圧迫され狭くなっているフィルム画像を見せられ、その後、2週間の入院となりました。

もし歩けなくなったら!!


2週間の入院中の治療は痛み止めの錠剤を飲んで、ベッドに横になったままでした。腰にベルトをしてオモリを吊るしての牽引治療を日中繰り返し行いました。主治医との話しでは、「そのまま歩けなければ手術を考えるしかない。今はレーザー手術もある。」との事でした。

 

前向き、短絡的な性格の私が一番に思った事は、当然のように、「ヘルニア 手術」でのインターネット検索でした。

その時の私は、とにかく《早くこの痛みから逃れて、普通の生活がしたい。好きな事をやりたい。》=《手術》という考えしか浮かびませんでした。

 

偶然にも主治医の方は趣味のテニスを通じ、コートで何度かお見かけした方でしたので、失礼かとは思いつつも、「先生がもし、今の私と同じ症状の腰痛になったら手術しますか?」とお聞きしました。すると、主治医の答えは、ためらいもなく即答で、

「私なら絶対に手術はしない。」


でした。

 

今でも、あの時、思い切って質問してよかった「主治医のアドバイスのおかげで、手術をしなくてよかった。」とつくづく思っています。そして、この一言に、とても感謝しています。

 

幸いにも、入院期間は2回とも2週間と短期間で、何とか歩けるといった状態で退院できました。しかし、その後痛み止めの錠剤だけが頼りの生活が続き、座薬はいつも持ち歩いていました。

 

その頃の私は自分の体に不調があり、我慢出来ないと思ったら、薬屋に行って症状にあった薬を探して飲むか、それ以上の症状の時は一日費やす覚悟で病院に行き、検査を受け、処置してもらう。これが不調に対する処置のベストだと思っていました。

 

東洋医学に関しては、漢方薬、ツボ、気功、鍼、灸の言葉だけは聞いたことはありましたが、私自身の病気に対しては、漢方薬ぐらいしか接点はありませんでした。

ボキボキ・ザワザワ


整形外科に通い、痛み止めを飲んで、シップを貼っての生活が続くなか、街中にある「腰痛・肩こり」の広告に目がとまり、マッサージ、あんま、鍼・灸、整体、カイロプラクティック、足つぼマッサージと時間があれば足を運びました。

 

もちろん県外にも足をのばしました。最初は痛みを少しでも、まぎらわせられれば、と言うぐらいの気持ちでしかありませんでした。ボキボキ痛いのを我慢して、次の日は体のあちこちが痛くてたまらないところもあれば、サワサワ表面だけ撫ぜて「これであなたは完全に治りました。」って催眠療法のようなところもありました。

 

そうこうしているうちに、少し東洋医学に興味がわき、自分の腰痛は現代医学で治そうと判断したのは間違いで、「実は東洋医学という方法もあったのでは!!」と思うようになってきました。

運命の出会い


いつものようにあちこちの整体院を渡り歩くなか、ふとインターネットのHPで「岐阜の田舎整体師」の記事を見つけ、その内容に興味を持ちました。

 

「とりあえず、一度行ってみよう。」

 

これが「我が師」との運命の出会いとなりました。これまで、いろんな整体を体験してきた私には、すぐにこの技法の良さを直感することができました。

 

「これしかない。」私は思いました。

 

敦賀から車で往復4時間近くを週に1~2回、幾度となく通いつめた頃、あの頑固な腰痛がほとんどなくなり朝でもスーッと起きられるようになっていました。そして、いつからか「自分も本気で整体をやってみたい。」「自分と同じように、腰痛で困っている方の苦しみを少しでも取り除くことができれば。」と思うようになってきました。

 

それが、整体師になるきっかけでした。

そして、この師に、教えを請うことにしました。この教えである「伝承技法」は、日本人の身体に合うように、進化した『ぼきぼきせず、安心して受けていただける整体技法』でした。ひとつひとつの学びは、とても深く、興味が尽きない毎日でした。無我夢中で学び、最短で「伝承技法」を習得することができました。


そうして、平成20年4月 敦賀市の自宅内に整体院を構えることができました。これまで、多くのみなさまに支えていただきながら、今も整体院を続けてこられたことに感謝しています。今後もみなさまのお力に少しでもなれるよう、日々、技術を磨いております。

 

整体院 Body ・サポートの目標は、矛盾しているかとも思いますが、

 

『自分の力で、メンテナンスできる身体づくり』です。

仕事などで、一般的な身体の使用限界を超えるほど酷使している、自分の力では、どうしようもなくなるほど慢性化してしまった。など、プロの力が必要な時もあるとは思いますが、自分の力でメンテナンスできる身体に戻すように施術させていただいております。

 

身体は、いつでも自分で調整し、治す力を持っています。

 

是非、あきらめずに、お気軽にお問合せください。精一杯、お力になりたいと思っております。

 

 

令和にチャレンジ

最後まで見ていただき、本当にありがとうございました。令和を迎え、カイロプラクティックに押され気味の整体業界ですが、古来より日本に受け継がれて、日本人の身体に合った進化を続けている、伝承技法による整体の継承にチャレンジします。

 

整体師を目指す方を募集中! 伝承技法整体道場、開門‼

(性別、年齢は問いません。但し真剣にやる気のある人に限ります。指導期間、料金などの詳細は、お問い合わせ下さい。)

院長プロフィール


平成12年 腰痛(ヘルニア)を発症 入院治療するも再発を繰り返す。手術するべきかどうかを悩む


平成19年 整体の師匠に出会い、整体師になると決意。 今までの仕事をやめ、整体師の道へ


平成20年 整体院 Body ・サポート 開院